So-net無料ブログ作成

世界の鉄道 その272 [鉄道]

今日も’18/7のスウェーデン旅行で利用した鉄道を紹介です。

世界遺産の街 ファーレンから世界遺産に登録されている小さな鉄工所跡があるエンゲルスベリへ向かいます。

・スウェーデン国鉄 SJ8173(ファーレン中央駅 – ルドビーカ駅)

次の列車を待っていると、なにやら観光列車と思わしき列車が反対側のプラットホームに。

直線距離で約60km南にある街 ルドビーカへまずは向かいます。

1時間弱でルドビーカに到着です。

・スウェーデン国鉄 SJ8069(ルドビーカ駅 – エンゲルスベリ(Ängelsberg)駅)

イェブレからファーレンを経てルドビーカまでは日本でいう支線みたいな感じでしたが、ここから超ローカル線に乗り換えます。2時間に1本しか走っていませんが、乗継時間40分で接続できますので、多少遅れても乗車できるかと。

列車もかなり年季が入っていますね(^^;

車内も写真だとよさそうですが、かなり年季が入っています(^^;;;

超ローカル線ということで単線です…

直線距離で約50km東にあるエンゲルスベリ駅に到着です。所要時間は約1時間です。周囲は特に何もなく、ここで降りて大丈夫なのか状態(^^;

ちなみに昔、駅舎として使われていたような建物はありましたが、閉鎖されていました。切符は事前にインターネットで購入しているので問題ありませんが、おそらく通常は車掌から購入するか、スマホで購入すると思われます。

途中まで線路沿いの道を歩きながら、世界遺産の製鉄所へ向かいます。複線のように見えますが、奥の線路は使っていない感じでした。

イェブレから約1時間程度の列車を乗り継いでいますが、徐々に距離が短くなってくるぐらいローカル度が増してきます。。。


nice!(33)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 33

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。