So-net無料ブログ作成
飛行機 ブログトップ
前の5件 | -

ヒコーキから その243 [飛行機]

今日も引き続き10月に行きましたバルト三国旅行で利用した飛行機を紹介します。

・Ari Baltic BT033(リガ[RIX] - パランガ[PLQ]) '19/10搭乗

バルト三国の世界遺産全てを周る上で一番ハードルが高かったのが、リトアニア の西 バルト海に面したところにある世界遺産「クルシュー砂洲」です。リトアニアの首都 ヴィリニュスは東の端に近い所にあり、「クルシュー砂洲」の最寄の都市 クライペダとは約300km離れています。新幹線があるわけでもなく、ガイド本「地球の歩き方」を見ても、列車、バスのどちらもそれなりの時間がかかる上に、本数も限られていて、限られた日数で往復すると、旅程が破綻している状態でした。

そこでAri Balticのダイヤを見るとラトビアの首都リガから クライペダの北30kmぐらいの街 パランカまでの便が1日2便あることを発見しました。この2便の設定が極端なダイヤになっていて、昼便と深夜便があり、今回、リガでたっぷり観光してから深夜便に乗れば、効率よく回れそうということで予約しました。

当日はリガ観光も夕方で終えて空港へ。前日と同じく、プライオリティパスを使用してのラウンジ利用です。それなりの夕食がいただけました(^^)

リガ空港をメインにしているのがAir Balticだけということで、出発掲示板はAir Balticのカラーである青字に黄色の下地のマークがたくさん並んでいますね。

ちなみにラウンジには3時間以上いました。

リガ出発は23時40分でパランガ到着が翌日0時25着の飛行機に乗ります。乗っている時間は短いですね。直線距離で約200kmぐらいです。

飛行機自体はスムーズにパランカに到着しました。

肝心なその先のクライペダですが、公共バスを事前に探すことができず、現地のタクシーが利用できるのか、あっても料金がぼったくりのリスクもある状態でしたので、今回はイレギュラーで送迎を事前に頼んでみました。といっても、一般的なところではなかったのですが、唯一Air Balticとして送迎サービスが予約できましたので助かりましたね。

値段としてはまぁまぁしますが、確実に乗れるのと、深夜ということで目的地のクライペダのホテルへ安心して行けるので、よかったかなと思います。

なお、実際にパランカ到着時はタクシーが2,3台止まっていたのと、公共バスが1時間後ぐらいに出発しそうな感じでした。公共バスは安く済ませれますが、クライペダへの到着がますます遅れるので、うーんといった感じですね。


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ヒコーキから その242 [飛行機]

今日も10月に行きましたバルト三国旅行で利用した飛行機を紹介します。

・Air Baltic BT348(ヴィリニュス[VNO] - リガ[RIX]) '19/10搭乗

これまでLCCは運行状況の不確定要素がフルサービスキャリアに比べると比較的高くなることから、全く利用したことがなかったのですが、昨年の18/7のスウェーデン旅行で、パリ-ストックホルム間が運休になってしまい、代替としてAir Balticによるリガ経由便に振り替えられたことで、Ari Balticの存在を知りました。調べてみると定時運航率はフルサービスキャリアと合わせてかなり高いことがわかり、今回のバルト三国旅行の肝として利用することにしました。

プライオリティ パスを利用して、ヴィリニュス空港にあるラウンジを利用しました。市内で走り回ってたこともあり、ジュースを5杯以上飲んでた気がします(^^;

Air Balticはラトビア リガをメインにバルト三国間を何便も運航していますが、ヴィリニュス - リガ間の最終便を今回は利用しました。20時を過ぎた時点で、ラウンジを利用する方がほとんどいなくなりました。

約1時間でリガに到着です。22時を回っています。夜に移動できますので、日中フルに観光時間として利用できたのが良かったですね。


nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ヒコーキから その241 [飛行機]

今日から10月に行きましたバルト三国旅行で利用した乗り物を順に紹介していきます。まずは飛行機からです。

・ANA NH205(東京/羽田[HND] - ウィーン[VIE]) '19/10搭乗

ヨーロッパ行きのANA深夜便に初めての搭乗です(^^)

ANAラウンジで夜食をいただきます。夜食といっても日中と変わり映えしない選択してますね(^^;

若干、整備に時間がかかっていましたが、乗り継ぎ時間に余裕がありましたので問題なしです。深夜1時半過ぎに出発です。

深夜便の食事の提供の仕方がわかっていませんでしたが、まずは夜食をいただけました。

この後早々に就寝です。

今回は長旅になりますので、朝食は和食をいただきました。

締めはコーヒーです。7月と比べ、ミルクの提供方法がまた変わっていました。。。

ちなみに、座っている席は窓側エコノミー先頭です。チェックイン時にはプレミアムエコノミーの真ん中席が空いていて、座れそうといわれたのですが、事前に確保した席にしています。

ウィーンには朝6時過ぎに到着です。

・オーストリア航空 OS8333(ウィーン[VIE] - ヴィリニュス[VON]) '19/10搭乗

オーストリア航空のセネターラウンジで軽く朝食をいただきました。

乗継時間はおおよそ3時間弱ありましたので、のんびりモードです。

ANAのコードシェア便指定になっているオーストリア航空833便でヴィリニュスへ向かいます。飛行機まではバス移動でした。。。

飛行機に搭乗すると、向かい側には乗ってきたANA機が(^^)

軽食として、スナックかアップルかと言われたので、アップルを選んでみました。

なんと、リンゴ丸ごとでした(^^;;;そのままかぶりつきます。

ヴィリニュスらしき街が見えてきました。

リトアニア ヴィリニュスに到着です。飛行時間はおおよそ2時間です。


nice!(34)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ヒコーキから その240 [飛行機]

今日も先日行きましたポーランド旅行からの飛行機紹介で、帰りの便からです。

・LOTポーランド航空 LO379(ワルシャワ[WAW] - フランクフルト[FRA]) '19/7搭乗

4日連続ワルシャワ空港の利用です(^^)日本でも3日連続利用したのは、'12/11の南大東島旅行で利用した那覇空港ぐらいですね。

フランクフルト行きは17:05発ということで、LOTポーランド航空のラウンジで、かなり遅めの昼食をいただきます。メインはパスタと思って取ったのですが、野菜の千切りみたいなものでした(^^;遅めだったので、メインがなかったみたいですね。。。

ちなみに座った場所は、前日と少し違ったところです。

この日も30分遅れの出発でした。乗り換え時間は元々1時間45分ですが、フランクフルトでの出国手続きとか考えると、結構ぎりぎりです。。。

席は通路側でしたので、外の写真はなしです。機内サービスはコーヒーをいただきました。有料の機内食サービスもありました。

ちなみにこの便はANAのコードシェア便になっています。

・ANA NH224(フランクフルト[FRA] - 東京/羽田[HND]) '19/7搭乗

通常であれば、ラウンジで何か飲食するのですが、滞在時間がほとんどないことから直接搭乗口へ。

今回はスターアライアンス塗装機でした。

今回はエコノミー利用です。通路側ですが、エコノミークラスの最前列です。

1色目の機内食です。カレーを選んでみました。

ポーランド、ドイツの時間で深夜少し前ですが、外は明るいですね。白夜といった感じでしょうか。

2食目です。

予定より少し早い14:45頃、羽田空港に到着しました。この後、自分のスーツケースが出てこないトラブルが…旅行記でも書きましたが、2日後に自宅へ届きましたので、よかったです(^^)

・ANA NH085(東京/羽田[HND] - 名古屋/中部[NGO]) '19/7搭乗

いつもの名古屋行きANA85便で戻ります。5日間連続飛行機搭乗もこれでラストです。ほほ定刻通りにセントレアに到着しました。

今回の旅行でANA便の利用が距離にして60万マイルを超えました。50万マイルを超えたのが'17/2のスコットランド旅行でした。ヨーロッパ旅行は昨年の'18/8の中部ドイツ旅行以来でしたが、10万マイルの単位では平均の間隔でした。裏メニューの100万マイルまではまだまだですね。。。ちなみにこのブログのPC版で左に載せている飛行マイルはANA便を含むスターアライアンスに乗った距離を表示していますが、70万マイル超えは今年の'19/3に行きましたカンボジア旅行でした。


nice!(27)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ヒコーキから その239 [飛行機]

今日も引き続き先日行きましたポーランド旅行からの飛行機紹介で、現地2日目からです。

・LOTポーランド航空 LO3851(ワルシャワ[WAW] - ヴロツワフ[WRO]) '19/7搭乗

2日目もLOTポーランド航空便で、朝7:30出発ということで、前日に引き続きLOTポーランド航空のラウンジにて、前日と同じ席で朝食をいただきます。メインデッシュは前日とは違うものが置いてありました。

15分ぐらい遅れるとのことで、前日と同様にこの後の旅程に影響があるか気になってしまいました。ヴロツワフ空港には8:30到着、市内にあるヴロツワフ中央駅からの列車は10時発ですので、1時間半余裕がありそうで、実は時刻表がはっきりしない、空港-中央駅間の市内バスの運行状況次第。特にヴロツワフ中央駅からの目的の列車を逃すと、目的地への列車の本数が限られるため、リカバリー不能な状態になる今回の旅程でした(^^;;;

前日と同じくチョコレート菓子と水をいただきます。

ワルシャワから南西方向にあるヴロツワフへ向かいます。ワルシャワ付近は雲が広がっていました。

ヴロツワフに近づくにつれ晴れてきました。ただし、この後、目的地の世界遺産がある町に着くころには本格的な雨が降ってきてしまいましたが…

約1時間でブロツワフ空港に到着。中央駅行きの市内バスにも普通に乗車することができました。ただし、ヴロツワフ中央駅の切符売り場を最初見つけられず、切符売り場も人が並んでいたり、購入に手間取ったりして、余裕時間はほとんどなかったですね(^^;;;

・LOTポーランド航空 LO3860(ヴロツワフ[WRO] - ワルシャワ[WAW]) '19/7搭乗

続いて、当日の帰りの便です。

21:10発のワルシャワ行きに搭乗しますが、19時半前頃にヴロツワフ空港へ到着。搭乗するのは最終便のLOTポーランド航空ですが、LOTポーランド航空のラウンジは19時に閉まってしまうようです。代わりに21時まで空いているプライオリティパスで利用できるラウンジの方へ入りました。そこそこ、食事の種類もありましたね。

ただし、ほとんど人はいませんでした…ラウンジ内の様子です。気にすることなく写真が撮れています(^^;

わかりにくいですが、21:10発の便が2行目に、それ以降は深夜、翌日便が表示されています。

今回利用したラウンジです。

ラウンジを出て、空港内にあった運行掲示板です。よくよく見ると、ヴロツワフ空港の全便が掲載されています。地方空港なので本数が少ないですが、逆にそれなりにしっかりしたラウンジが置かれていたことにびっくりでした。

搭乗開始が10分ぐらい遅れていました。この先は、遅れてもホテルに戻るだけですので、気にせず…

21時過ぎですが、夕焼けの中を離陸していきます。

ちょうど中央下側の赤い辺りの下側に世界遺産に登録されている百周年記念ホールが見えています。

すっかり定番のセットです(^^;

ワルシャワまであと少しです。

元々到着予定が21:05で、一方、ワルシャワのホテルに向かうバスが毎時05分と35分の1時間で2便の状態でした。意外に早く着き20:55には飛行機を降りれましたので、ダッシュでバス停に。ほぼ待ち時間なしで21:05発のバスに乗れました(^^)


nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | - 飛行機 ブログトップ